相続税の電子申告、承ります

2019年1月1日以降の相続より、相続税の電子申告が始まり、遠方のお客様のご依頼も承ることができるようになりました。

まずは、下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。

相続税 相続税の納税猶予

非上場株式等の相続税の納税猶予|法人版事業承継税制

非上場株式等の相続税の納税猶予および免除の制度は、法人の事業承継を円滑に行うことを目的としたもので、
後継者が、先代経営者の事業を継続して守っていこうとする場合には、積極的に適用するべきと考えます。
その内容や、適用要件等について、解説します。

贈与税 贈与税の納税猶予

非上場株式等の贈与税の納税猶予|法人版事業承継税制

非上場株式等の贈与税の納税猶予および免除の制度は、法人の事業承継を円滑に行うことを目的としたもので、
後継者が、先代経営者の事業を継続して守っていこうとする場合には、積極的に適用するべきと考えます。
その内容や、適用要件等について、解説します。

相続税 相続税の納税猶予

事業用資産の相続税の納税猶予|個人版事業承継税制

事業用資産の相続税の納税猶予および免除の制度は、個人の事業承継を円滑に行うことを目的としたもので、
後継者が、先代事業者の事業を継続して守っていこうとする場合には、積極的に適用するべきと考えます。
その内容、小規模宅地等の特例との関係、適用にあたっての注意点について、解説します。

贈与税 贈与税の納税猶予

事業用資産の贈与税の納税猶予|個人版事業承継税制

事業用資産の贈与税の納税猶予および免除の制度は、個人の事業承継を円滑に行うことを目的としたもので、
後継者が、先代事業者の事業を継続して守っていこうとする場合には、積極的に適用するべきと考えます。
その内容や、適用にあたっての注意点について、解説します。

相続税 相続税の納税猶予

農地等の相続税の納税猶予|適用にあたっての注意点

相続人が、故人から農地等を引き継ぎ、営農を継続する場合、その農地等に係る相続税の納税は猶予されます。
しかしながら、未来永劫、営農を継続し続けることは難しく、
相続税の納税猶予の打ち切りの時期や、納税資金の準備について検討していくことも大切です。
これらについて、解説しています。

相続税 財産評価

死亡退職金|相続税法上の取扱いと非課税

死亡退職金のうち、故人の死亡後3年以内に支給額が確定したものは、相続税法上、相続財産とみなされます。
ただし、相続人の生活基盤確保のため、法定相続人の数に応じた非課税枠が設けられています。
また、弔慰金にも相続税の非課税部分があります。
これらについて、詳しく解説します。

相続税 財産評価

生命保険金|相続税法上の取扱いと非課税

故人が受取人を指定していた生命保険金は、民法上、相続財産ではなく、遺産分割の対象になりませんが、
相続税法上は、みなし相続財産として、相続税課税価格に算入します。
ただし、相続人の生活基盤を確保してあげたいという故人の意思を尊重するため、法定相続人の数に応じた非課税枠が設けられています。
それらについて、詳しく解説します。

遺産分割
flo1206

再転相続|遺産分割の完了前に相続が続けて起こった場合

相続が立て続けに開始した場合には、相続人は2つの相続について、その承認または放棄を考えなければなりません。
この場合の遺産分割と相続税については、2つの相続を切り離さずに、2つの相続を併せて、考えることが大切です。
それぞれの重要ポイントについて、解説します。