相続の限定承認|単純承認と限定承認

民法では、相続財産の範囲で故人の債務を負担するという条件付きの限定承認が認められており、
限定承認や放棄を行わなかった場合に、単純承認をしたものとみなされます。
単純承認と限定承認について、その手続きや税法での取扱いを解説します。