タグ: 未成年者

相続税
flo1203

死因贈与|メリット・デメリットと遺贈との違い、相続税法における取扱い...

死因贈与は、死亡の事実により財産の移転が行われ、相続税が課税されることになりますが、贈与者との間で、生前に締結された契約に基づく権利であるため、遺産分割協議の対象とはなりません。
そのことを前提にして、死因贈与のメリット・デメリット、遺贈との違い、相続税法における取扱いについて、解説します。

遺産分割
flo1201

遺言|遺言の要式と撤回、デメリット

遺言は、その要式を備え、遺言事項として法的に認められたもののみ、遺言としての法的保護が与えられます。
遺言の要式のうち、実務で一般的な、自筆証書遺言と公正証書遺言と、遺言の撤回、遺言が相続税に与える影響(デメリット)について、解説します。

遺産分割
flo1130

相続の限定承認|単純承認と限定承認

民法では、相続財産の範囲で故人の債務を負担するという条件付きの限定承認が認められており、
限定承認や放棄を行わなかった場合に、単純承認をしたものとみなされます。
単純承認と限定承認について、その手続きや税法での取扱いを解説します。

相続税
flo1111

相続税の未成年者控除|民法改正後の内容です

未成年者が相続(または遺贈)により財産を取得した場合には、その者の相続税額から一定額を控除することができます。適用を受けることができる未成年者の要件、控除限度額、控除しきれない場合など、未成年者控除について、詳しく解説します。

相続税 遺産分割
flo1108

遺産未分割のデメリットと相続税申告

分割協議がまとまらず、遺産が未分割状態で相続税の申告期限になってしまった場合の相続税の申告において、期限内申告とその後の更正の請求、修正申告・期限後申告、遺産が未分割の状態では適用できない優遇措置、延滞税と加算税、また、あえて未分割にしておいた方が良い場合について、解説します。

遺産分割
遺産分割についてのアイキャッチ画像

遺産分割の3つの手続き|遺産分割協議を中心に

遺産分割には、①遺言、②遺産分割協議、③調停または審判、の3つの手続きがあります。
この記事では、②の遺産分割協議を中心に、方法や時期、参加者、遺産分割協議のやり直し、遺産分割協議書などについて、
また、相続税の申告後に遺言書が見つかった場合や相続の放棄をした方がよい場合などについて、解説しています。