タグ: 特別受益

相続税 財産評価

生命保険金|相続税法上の取扱いと非課税

故人が受取人を指定していた生命保険金は、民法上、相続財産ではなく、遺産分割の対象になりませんが、
相続税法上は、みなし相続財産として、相続税課税価格に算入します。
ただし、相続人の生活基盤を確保してあげたいという故人の意思を尊重するため、法定相続人の数に応じた非課税枠が設けられています。
それらについて、詳しく解説します。

遺産分割
flo1201

遺言|遺言の要式と撤回、デメリット

遺言は、その要式を備え、遺言事項として法的に認められたもののみ、遺言としての法的保護が与えられます。
遺言の要式のうち、実務で一般的な、自筆証書遺言と公正証書遺言と、遺言の撤回、遺言が相続税に与える影響(デメリット)について、解説します。

遺産分割
flo1128

特別受益|民法の定めと税法の定め

故人からの生前贈与や遺贈が、他の相続人に比して、特別の利益(特別受益)に該当するときは、その特別受益を考慮して遺産分割を行うことになります。
その場合の、特別受益の計算方法や、特別受益の持戻しの免除について、解説します。

遺産分割
flo1124

遺留分と遺留分侵害額請求

民法上の相続人のうち、兄弟姉妹以外の者には、遺留分が認められています。
遺留分については、遺留分権利者の範囲と順位、遺留分の割合、遺留分が発生する財産、遺留分の放棄、
また、遺留分侵害額請求については、その権利の行使、遺留分侵害額の計算、
を、分かりやすく解説します。

相続税 遺産分割
flo1108

遺産未分割のデメリットと相続税申告

分割協議がまとまらず、遺産が未分割状態で相続税の申告期限になってしまった場合の相続税の申告において、期限内申告とその後の更正の請求、修正申告・期限後申告、遺産が未分割の状態では適用できない優遇措置、延滞税と加算税、また、あえて未分割にしておいた方が良い場合について、解説します。

遺産分割
遺産分割についてのアイキャッチ画像

遺産分割の3つの手続き|遺産分割協議を中心に

遺産分割には、①遺言、②遺産分割協議、③調停または審判、の3つの手続きがあります。
この記事では、②の遺産分割協議を中心に、方法や時期、参加者、遺産分割協議のやり直し、遺産分割協議書などについて、
また、相続税の申告後に遺言書が見つかった場合や相続の放棄をした方がよい場合などについて、解説しています。