タグ: 申告が必要な相続財産

相続税 財産評価

死亡退職金|相続税法上の取扱いと非課税

死亡退職金のうち、故人の死亡後3年以内に支給額が確定したものは、相続税法上、相続財産とみなされます。
ただし、相続人の生活基盤確保のため、法定相続人の数に応じた非課税枠が設けられています。
また、弔慰金にも相続税の非課税部分があります。
これらについて、詳しく解説します。

相続税 財産評価

生命保険金|相続税法上の取扱いと非課税

故人が受取人を指定していた生命保険金は、民法上、相続財産ではなく、遺産分割の対象になりませんが、
相続税法上は、みなし相続財産として、相続税課税価格に算入します。
ただし、相続人の生活基盤を確保してあげたいという故人の意思を尊重するため、法定相続人の数に応じた非課税枠が設けられています。
それらについて、詳しく解説します。

相続税

相続税の申告要否判定

国税庁「判定コーナー」を利用して、相続税の申告要否判定手順を解説します。順次入力していくことで、簡単に申告要否の判定結果を導き出せます。ワンステップずつ、分かりやすく解説しています。