タグ: 退職金

相続税 財産評価

死亡退職金|相続税法上の取扱いと非課税

死亡退職金のうち、故人の死亡後3年以内に支給額が確定したものは、相続税法上、相続財産とみなされます。
ただし、相続人の生活基盤確保のため、法定相続人の数に応じた非課税枠が設けられています。
また、弔慰金にも相続税の非課税部分があります。
これらについて、詳しく解説します。

相続税 遺産分割
flo1108

遺産未分割のデメリットと相続税申告

分割協議がまとまらず、遺産が未分割状態で相続税の申告期限になってしまった場合の相続税の申告において、期限内申告とその後の更正の請求、修正申告・期限後申告、遺産が未分割の状態では適用できない優遇措置、延滞税と加算税、また、あえて未分割にしておいた方が良い場合について、解説します。

遺産分割
相続の放棄記事のアイキャッチ画像

相続の放棄|手続きと相続税申告

相続放棄を行う上での申述期限や権利義務の移行、相続放棄の取消しはできるのか、また、相続放棄をした場合に受け取ることができる財産、そして、相続放棄をした場合の相続税申告はどうなるかについて、分かりやすく解説します。

相続税

相続税の申告要否判定

国税庁「判定コーナー」を利用して、相続税の申告要否判定手順を解説します。順次入力していくことで、簡単に申告要否の判定結果を導き出せます。ワンステップずつ、分かりやすく解説しています。